ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
首席フルーティスト

 

1996 クレモナ国際フルートコンクール第2位

2000 ドイツ室内楽コンクール第1位

2001 ミュンヘン国際コンクール第2位 (Quintet)

 

三響 24K-5フルート (14K key付)

三響 グラナディラ木管フルート (14K key 付)

三響 アルトフルート

 

ワルター・アウアー公式サイト
http://walterauer.at

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
http://www.wienerphilharmoniker.at/

ウィーン国立歌劇場
http://www.wiener-staatsoper.at

オーソリノ五重奏団
http://www.orsolino.de/

 

 

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団・首席フルート奏者。2000〜2003年までは、ハノーファーNDR放送オーケストラ・首席フルート奏者。2003年以前は、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団・首席フルート奏者。

1971年にオーストリア・フィラッハ生まれ。10歳からフルートのレッスンを始め、クラゲンフルト・ケルントナー音楽院のヨハネス・カルクレウス氏の元で学んだ。オーストリア・ユーゲント・音楽コンクールにて、何度か第1位入賞。また、クラウディオ・アバド監督によるグスタフ・マーラー・ユース・オーケストラのメンバーだった。

ザルツブルグのモーツァルテウムにてミヒャエル・マルティン・コフラー氏のもとで研鑽を積んだ後、アンドレアス・ブラウ氏、エマヌエル・パユ氏のもと、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団アカデミー生になった。この頃受講したニコレ氏によるマスタークラスに於いても、大きな影響を受けた。

クレモナ国際フルートコンクール第2位(1996)、ドイツ室内楽コンクール第1位(2000)、ミュンヘン国際音楽コンクールでは、Orsolino Quintetとして第2位(2001)。

ソリストとして世界中のリサイタルやコンサートに出演。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団にソリストとして楽友協会でデビューを飾ったのは2004年、ダニエル・バレンボイム指揮によるコンサートだった。同様に2005年にチェチリア・バルトリ氏とともにソリストとして演奏した。

ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者としては、ズービン・メータ氏、リカルド・ムーティー氏、小澤征爾氏、サイモン・ラトル氏、クリスティアン・ティンマーマン氏、ニコラス・アーノンクール氏、ダニエル・バレンボイム氏、マリス・ヤンソンス氏など著名な指揮者のもと演奏を続けている。

ヨーロッパや日本などでマスタークラスに招聘されることも多い。室内楽にも情熱を注いでおり、Orsolino Quintetや、Wiener Virtuosenのメンバーでもある。